GyakubaricEffects

Sailer-Fuku, Functional Programming, Post-Apocalypse

よかった音楽2023

2023年が終 わろうとしている 終わった。年越し前に記事が出なかった ことよりもぼっち・ざ・ろっく!を観てギャーギャー言ってたのが1年前ということのほうが信じがてえですね。あのアニメのおかげでおれはSpotifyやツイッターいわゆるXでインディーバンドを漁っては代官山や下北沢や新宿や下北沢や宇都宮や下北沢のライブハウスにおもむく生活を送ることになった。マジで人生で一番音楽を掘り返した年だったといえる。

大崩壊していることで知られる抱負に音楽のプレイリストを毎月作るというのがあったが全然作れてなくて涙。そんなこんなでこの記事ではSpotifyのいいねをさかのぼってよかった音楽を振り返っていく。なお説明がたっぷりあるのは語りたいほど好きで、説明が雑なように見えるのはおれの知識や感性や言語化能力的に言葉にしがたいが好きということである。そんなに言語化が大事ですか!?

年始

前述のとおりぼっち・ざ・ろっくが全て悪く、インディーロックに突っ込んでいってしまった。

シューゲイザーあるいはシューゲイズというおおまかにいってギターがバカでかい音を出しているジャンルが来ていた。ただ単に音がでかいというだけでなくエフェクトをかけまくって浮遊感を演出するようなものが多く、浮遊感極まってくるとドリームポップとか呼ばれたりするのでロックとドリームポップの中間的な位置にある感じ。

Kodiak / For Tracy Hyde

こういう感じで右のほうでめっちゃギュオーいってるギターなどはシューゲイザーなんじゃないかと思う。それでありつつもギターがふつうにメロディを奏でてたりしてとっつきやすいのがフォトハイのよいところ。ここまで書いて「それわりとドリームポップなのでは?」と思ってSpotifyプロフィールを確認したらdream pop bandって書いてあった。グラデーション、グラデーション。

For Tracy Hydeは今年のはじめにめちゃくちゃ聞いてたバンドで、「・ざ・!」の廣井きくりさん率いるSICK HACKがなかなかよかったのでサイケデリックロックを探しに行ったのだが意外と刺さるものがなく、Wikipeたんとかがサイケとシューゲイズを近いものとして紹介していることからそうこうして到達した。確かSpotifyのShoegaze Nowのトップにいた時期があったはず。

んでこのバンドいいな〜と思って聴いていたら3月で解散するという話を聞き、大慌てで解散2個前だったかのワンマンライブへ急いで行ったりなどをしていた。

フォトハイはけっこう作風広くてしかもなかなか好みにマッチしていた。「繋ぐ日の青」は青春を感じる素直なロックだけどよく考えるとギターはドリームポップしている。

「放物線」はわかりやすいビートと直球に良いメロディとちょっと曇ったような音の情熱的リードギターが無敵。

ラストアルバム最後の曲「Leave The Planet」も好き。あんましロックっぽくない(R&B?)ドラムもあって良い。

she left / elsie sue

こちらのバンドはよりドリームポップだが、Shoegaze Nowプレイリストにいた気がする。シンセがふわふわしつつもちゃんとリズムマシンがずっと働いてるのが好き。曲の評価におけるドラムの比重がデカい……

なんだこのシンセ多幸感やばすぎる!!!!!!!

なんとこのバンド昨年~じゃなくて2022年末から活動休止中。嘘~~~~~~~~~~~~~

2月あたりのこまごま

シューゲイザーから離れよう。

drunker / Fennel

2023年神イントロ選手権1位。いい感じにつんのめったギターリフも最高。全体に日常的な歌詞とロックな曲がたいへん良いFennel、9月にライブ行ったけどとても良かった。

神イントロ選手権1位にも劣らない神イントロなんだけどライブで聴いたらリードギターがとんでもなくかっこいいことに気づいた。

フロートプレイ / 稲葉曇

2023年一番聴いた曲。すべてが良く、良いんだが、特に上とかに転調するわけではないが確かにぶち上がっていくラスサビへの入り方が神で、さらにアウトロがフェードアウトで1分ありめちゃくちゃに余韻を楽しめる。

3月とか

kimi wo omotte iru / kurayamisaka

2023年一番聴いてたバンド。「kimi wo omotte iru」はEPだが通しで聴いてほしそうな顔をしているので通しで紹介する。シューゲイザー寄り (特に「cinema paradiso」) なロック。

  • 「cinema paradiso」のめちゃくちゃキマっているブレイク
  • 言葉にならないが聴くだけで全身が感情になる「farewell」
  • 「curtain call」のイントロで絶叫したい

only shallow - My Bloody Valentine

シューゲイザー代表のマイブラの代表曲もイントロで叫べる。

flutter - julie

良い………

Catchy !? / r-906

リズムがずれてるように聞こえる始まり方ほんと好き (食ってるピアノにシンバルが合わせているのでそこが頭のように聞こえるが実際にはキックとスネアがずっと本来のリズムを打っている)。toeのグッドバイとか

4月から春

Papercut - Linkin Park

本当になにかわからないんだけどLinkin Parkを聴いたらそれはもうはちゃめちゃによかった。新しい刺激とかいうより初めて聴くはずなのにめちゃくちゃ実家のような安心感。小学生のときとかに聴いてた・聞こえてきたのがこういう系なんだろうなという気がする。

ビビビビ - フロクロ

Fox Stevenson意識ってツイート見てア~~~~~~~~なるほどになった

Somewhere - tiny yawn

見つけたとき刺さりすぎてめっちゃ音量上げてしまった。ボーカルかっこよすぎませんか?ライブでもめちゃくちゃ歌うまくてビビる

「夜明の星」はギターが良い

24Cr - 水中スピカ

tiny yawnがあまりにも刺さったのでライブいくぜ~と思ったらkurayamisaka、水中スピカとの共演を見つけた。マスロックという変拍子が特徴的なジャンルのバンドで、ぼざろ見る前からそのへんはちょっと聴いてたのでアア良い……になった。ライブではギタボの人がするするタッピングしててすごかった

はなれあうゼロ - Sohbana

2023年、エフェクト強めのギターが好きすぎないか

In Your Eyes - RED (feat. 知声)

サビのあとにも盛り上がっていい

HIMITSUスパーク - カラスは真っ白

  • カッティング最高
  • ベース存在感最高
  • 「とばしてよ、ねえ」の「と」がツボ
  • 解散してる…………………

光の中へ - 結束バンド

  • 「あのバンド」アニメ中ライブの例のアレが自然で入ってること言われるまで気づかなかった
  • 後藤さんギターうますぎるよな……

ブルアカ

Constant Moderato - ミツキヨ

今年中頃はブルアカをめっちゃやってたのだがBGMがガチガチにEDMで無限に良い。

Mechanical Jungle - KARUT

リセマラでかなり聴いたけどめちゃくちゃ好きな曲になっただけだった。

SAKURA PUNCH - Nor

ドロップが渋い

Shady Girls / ミツキヨ

日常BGMにしてはベースがよすぎる ちなみにUnwelcome Schoolのアレンジらしい

テト

重音テトがSynthesizer VでAI音源化した結果空前のテトブームが到来した。

ライアーダンサー / マサラダ

バベル / いよわ

人マニア / 原口沙輔

同い年でギャーになった

カバーも好き

Helicopter - Bloc Party

ダンスパンク良い~

Take Me Out - Franz Ferdinand

ダンスパンク良い~(2)

ちなみにこの曲はCyberpunk: Edgerunnersのオープニングにもアレンジして使われた。あれも最高のアニメでした

Can’t Stop - Red Hot Chilli Peppers

カッティング聴き放題

スラップベース聴き放題

電音部

なんかたまにこのへんに興味が出て曲だけ聴いたりする。

いただきバベル (Aiobahn Remix)

なんとな~く存在は把握してたけどこのへんから入った。

Change

説明するって感じじゃない良さ

Hyper Bass

「きみにたりないものをおしえて」っていうのは要するに00:04あたりにある(らしい)超低音を再生できる環境のことらしい

ボイドロイド - r-906

サビになだれ込んでいく感じが素晴らしいですね

The Sound - The 1975

なんかで「The Sound」を聴いたらThe 1975のファンになった。根底にダンスパンクを感じる。

「Girls」のパリパリチャキチャキなギターも好き。

ちなみにFor Tracy Hydeの人がThe 1975に影響受けたといっていたのを見て聴き直したりした。

HIMITSU GIRL’S TOP SECRET - ZAZEN BOYS

ライブのアレンジがめちゃくちゃ良いのでそっちを貼る。

マスロック文脈で知ってたけど歌詞とかちょっと苦手枠だったのだがLITEとの対バン行ったら最高になった。

タイトルに偽りなしの「RIFF MAN」。めちゃくちゃキャッチーなリフを繰り返してるとあんまり変拍子って意識なくなるけど7拍子。

Crushing - LITE

そのLITEの新曲。

電気予報 - 稲葉曇

初音ミクとポケモンという超豪華コラボで大量に大物Pが呼ばれて界隈は大騒ぎ!アウトロにXYのゲートを持ってくるセンスが電撃的すぎる、てかアウトロ職人?

もういいです - 終活クラブ

10年代ボカロの魂を感じる……

人 / PEDRO

「グリーンハイツ」の歌い方非常に好き

Heal Me - Auvic

Glitch Hopというのがあって、良い。まだ去年聴ききれていないところがあるのでAuvicどしどし聴いていきたい。

鯨工場 - Maison book girl

Spotifyのレコメンドって本当にものすごいことがあって代表例がこれ。アイドルってこういうのもあるんだって思った。解散(とは事前に明言してこそいないが明らかに不穏な雰囲気ただよう広告が打たれていた)ライブのレポート を読んでアイドルってこういうのもあるんだ!?!?になった。

プシ - r-906

2022年の曲。一回聴いてスルー気味だったんだけどふと聴き直したらスーパーノヴァ+ボイドロイドがサビでノウナイディスコに裏返る構成にハマった。耳詰まっていた可能性がある。

BACK IN BLACK - BOOM BOOM SATELLITES

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨンのオープニングが誰だったか調べたらブンサテだった。ブンサテはガンダムUCの曲で知っていたがかなり魂に記憶がある曲調。

ところで調べてる過程でカラスは真っ白の「サヨナラ!フラッシュバック!」が同じくニンジャスレイヤーのEDだったことを知りアイエエエエになった

Lost in Paris - Tom Misch

音楽イベント(NAMM)でほっつき歩いてる人間におまえの好きなギターフレーズ何よ?って訊く動画を古典的ロック多いなあと観ていたらいきなり出てきたベチャオシャレネオソウル。

「Tick Tock」も神リフ。

2024年の目標

ちょっとインディーロックと洋楽聴きすぎてオタク度が高まりすぎているんで今年はJ-POP聴きまくっていくぜ。